無料エロゲーで遊ぶとワンクリック詐欺に遭ったりするの?

ワンクリック詐欺やツークリック詐欺とは?

ワンクリック詐欺やツークリック詐欺とは、サイト上の広告をクリックして確認に答えただけで有料サイトの登録完了メッセージが表示され、数日以内に数万円~数十万円の高額な料金請求がされるといった詐欺です。

 

その時点で表示される画面上にはまるで自分が利用規約をよく見ないでクリックしたことが悪かったかのような(自分に過失があると言わんばかりの)文章が書かれていて、かつ、支払いに応じないと法的措置を取るような脅し文句が書かれているので、正直者な人や気の弱い人はそれに応じてしまうという詐欺です。

 

僕も何度かそういった詐欺サイトを実際に目にしたことがあります。

 

ですが、そういった詐欺サイトに遭遇してしまったとしても、一切相手にせず無視することが一番の対策なので放っておきました。

 

無視して良い理由は、消費者側で契約内容の確認や申し込みの意思を確認せずに契約させる様なサイトの構成になっている場合、電子消費者契約法でその契約は全て無効と見なされるからです。

 

相変わらずアダルトサイトには、そういった悪質な詐欺行為が付きまとうので、特にこれからエロゲーで遊びたいと思っている人にとっても不安は尽きないと思います。

 

今回は、エロゲーで遊ぶとそういった詐欺被害に遭うことがあるのか、遭わないようにするにはどうしたらよいかについて書いてみます。

ワンクリック詐欺やツークリック詐欺の手口・特徴

エロゲーで遊ぶ上でワンクリ詐欺のような悪質な詐欺被害に遭わないようにする説明をする前に、もう少しその手の詐欺サイトの手口や特徴について説明しておきたいと思います。

 

僕もしばらく前にツークリック詐欺が仕掛けられたサイトに偶然遭遇しました。そのサイトの手口は次のようなものでした。

 

そのサイトはたくさんのエロマンガのサムネイルの一覧が並んでいて、どれかをクリックすると詳細ページに飛んでいくような形でした。

 

そのサムネイルの一覧から1つ画像をクリックし、年齢認証に自分が18歳以上であることに答えると、再び同じ画面が現れました。

 

『ん?さっき年齢認証答えただろ、なんで2回も答えさせるんだ?』

 

と思いつつ、再度年齢認証に答えたら、

 

『登録が完了しました。ご入会ありがとうございます』

 

というメッセージが表示され、その下に登録完了日、ご利用料金(100,000円)、キャンペーン期限がいつまでか、支払期限はいつまでか、お客様IDというのが表示されていました。

 

さらにそのページ上には、『あなたはこういう風に操作してこの画面にたどり着きましたよね?あながた辿ってきた画面上のここに利用規約があるでしょ?それに同意してここにたどり着いたんですよ』というような説明がキャプチャー画像と共に説明されていました。

 

つまり、『ここにたどり着いたのは、あなたは有料サービスであると認識して利用規約に同意しているんですよ』と主張しているのだと思います。

 

そこまで詳しく説明されるとあたかも自分に過失があったかのように思わされます。

 

しかも、説明はそれだけでは終わらず、誤って登録した場合や未成年で登録しちゃった場合は、退会手続きをするように導かれています。

 

これもバカ正直にこれに対応しちゃう人を狙った手口だと思います。

 

未成年者が登録してしまった場合や誤操作による登録の場合は、電話連絡で退会手続きをしてくださいと書いてあり、その手続きのページに進むと、その手続きをしないと大変なことになりそうなことが書いてありました。

 

まず、踏み倒すと料金が100,000円のところが、通常料金の160,000円になり、さらに滞納金が別途160,000円かかると書いてありました。

 

『料金未納悪質会員』とか『悪質滞納者』など書かれていて、支払いに応じない人間をまるで悪人扱いです。

 

この話の内容については、スマホのエロゲーって安全か?危険か?にまとめてありますので、興味ある方はぜひご覧ください。

ワンクリック詐欺やツークリック詐欺に遭わない為には

エロゲーでワンクリック詐欺とかツークリック詐欺被害に遭わないようにするのは簡単です。それは社会的信用もあって、知名度も高い会社が提供しているエロゲーで遊ぶことです。

 

ワンクリック詐欺やツークリック詐欺なんていうのは、まともな企業体のすることではありません。表には企業名が出せないような集団がやってることです。

 

裏を返せば、堂々とエロゲーの提供を行っている企業のものを利用すれば、そんな危険な目には遭わないと言う事です。

安心して利用できるエロゲー提供企業

2015年10月現在、国内でエロゲーを提供している大手企業は、DMM、ゲオ(GEO)、TSUTAYAです。

 

ゲオ(GEO)は、レンタルビデオショップや古着ショップなどを全国に展開するゲオグループの子会社であるエイシス株式会社が運営する「にじよめ」というエロゲーサイトでエロゲーを提供しています。参考までにゲオグループ企業一覧をリンクしておきます。

 

TSUTAYAは今さら説明することもないかもしれませんが、一応書いておくとCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)株式会社という会社が親会社で、そのグループ企業の1つがTSUTAYA株式会社です。

 

各社の業績を比較すると、DMMグループが981億円(2014年3月期)、ゲオグループは2,703億円(2015年3月期)、CCCグループは1,959億円(2015年3月期)です。

 

DMMの業績のページ
CCCグループの業績のページ
ゲオグループの業績のページ

 

TSUTAYAは2015年5月からエロゲーを提供し始めたばかりですので、本数や種類で考えるとDMMとゲオ(GEO)が今のところは群を抜いています。

 

DMMは説明するまでもなく、DMM英会話やDMM証券などテレビでCMも流れているので多くの人が知っている会社だと思います。

 

僕がエロゲーというもので遊び始めた時に一番最初に利用したのもDMMのエロゲーでした。正確には、DMM.R18のオンラインゲームです。

 

DMMはオンラインゲームタイプのエロゲーを他社に先駆けて一番最初に提供し始めた企業でもありますし、知名度も社会的信用も一番高いですから、初めてエロゲーで遊ぶ人には最適だと思います。

 

僕はこれまでにDMM、にじよめ、HBOX.JPを利用してエロゲーで遊んだことがあります。

 

DMMとにじよめはウェブブラウザで遊べるオンラインゲームタイプのエロゲー登録無料で遊び始めることができ、その後の課金もするかしないかは個人の自由(遊び方次第)なので、僕は無課金で遊び続けています。

 

一方、HBOX.JPは登録は無料で、サンプルも見放題ですが、エロゲーそのものは2,000円前後の価格帯の買い切り型の有料のスマホアプリです。

 

まずは上記した会社のエロゲーで遊んでみて、それ以外の会社のエロゲーは自分で大丈夫かどうかの分別ができる知識がついてから手を出すのが良いと思います。