無料エロゲーは危険か?

無料のエロゲーは危険か?

「エロゲーで遊びたい!」と思った時には、いろいろなことが気になると思いますが、その1つが「エロゲーは危険じゃないのか?』ということかと思います。

 

アダルト関連のサイトを利用すると、それがきっかけで正式な申し込みをしてもいないのに契約が成立しかのように見せかけてお金を騙し取るワンクリック詐欺や、利用してもいないサイトの利用料を請求してくる架空請求などの被害に遭う人が未だに後を断たないからだと思います。

 

エロゲーに限らず、ネット上にはたくさんのアダルト商品があります。例えば、エロ動画、エロ画像、エロアニメ、エロCG、エロコミック(エロ漫画)等です。

 

人間には、5大欲求というものがあって、その1つに『生理的欲求』というものがあります。

 

性欲はこの生理的欲求の1つで、普通健康な男性には『性的に満たされたいという欲求』があります。

 

その為、騙す対象になる人口が多く、性欲を満たす為にネット上でいろいろと見て回っている人に狙いをつけて、お金を騙し取ってやろうと企んでいる悪い人間がいます。

 

アダルト関連の詐欺は今に始まったことではありませんが、未だにニュース等で見たり聞いたりすると思います。

 

この為、よほど世間知らずな人を除いては「エロゲーって大丈夫なのか?」と考えてしまうのではないでしょうか?

 

そこで今回は、「エロゲーは危険なのか?」について書いてみました。

どのエロゲー提供サイトを選ぶかが大事

「危険な目に遭うのかどうか?」「エロゲーは安全なのか?」ということを考える上で、一番最初に考えるべきなのは、信頼できるエロゲー提供サイトを選ぶことが大事です。

 

僕は過去に無修正の有料エロ動画サイトの「カリビアンコム」に登録して利用していたこともあるのですが、そういうアダルトサイトってまず最初に思うのは『安全なのか?危険じゃないのか?』ってことなんですよね。前述した通り、アダルトサイトって何かと危険が潜んでいますからね。多くの人がそう思うでしょうし、不安になると思います。

 

最近はワンクリック詐欺とか架空請求の被害などがありますし。年齢認証に答えただけで『登録ありがとうございます。入会手続きが完了しました。2日以内に利用料を10万円振り込んでください』」みたいなの多いですから。

 

ワンクリック詐欺のバナー広告

 

また、それ以外にも迷惑メールが飛んでこないのか?とか、クレジットカード情報や個人情報が漏れないのか?とかも心配ですよね。

 

僕はそういった悪質な被害に遭ったことないのですが、Yahoo知恵袋などを見てみたら、実際そんな被害に遭った人は結構います。

 

エロゲーで遊ぶにあたって、そういった悪質なものの被害に遭わない為に大事なのは、世間に広く知られてないような良くわからない会社のエロゲーには手を出さないってことです。

 

ですので、エロゲーで遊ぶ上では知名度が高く、社会的信用が高い企業が提供するエロゲーを利用することは大前提です。

社会的信用があり知名度の高いエロゲー提供企業

社会的信用があり、知名度も高くて、安心して利用できる無料で遊べるエロゲーを提供している企業は、2015年10月現在、DMM、ゲオ(GEO)、TSUTAYAです。

 

DMMは「DMM-R18」というサイト、ゲオ(GEO)は「にじよめ」というサイト、TSUTAYAは「TSUATAYA-R18」というサイト上でオンラインゲームタイプのエロゲーを提供しています。

 

「にじよめ」はあまり聞いたことがない人もいるかもしれませんが、レンタルビデオショップや古着ショップなどを全国に展開するゲオグループの子会社であるエイシス株式会社が運営するエロゲーサイトです。参考までにゲオグループ企業一覧をリンクしておきます。

 

TSUTAYAは今さら説明することもないかもしれませんが、一応書いておくとCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)株式会社という会社が親会社で、そのグループ企業の1つがTSUTAYA株式会社です。

 

各社の業績を比較すると、DMMグループが981億円(2014年3月期)、ゲオグループは2,703億円(2015年3月期)、CCCグループは1,959億円(2015年3月期)です。

 

DMMの業績のページ
CCCグループの業績のページ
ゲオグループの業績のページ

 

この数字を見る限り、無料で遊べるエロゲーを提供している企業は、売上高の金額を見ただけでも高い業績を上げている企業だということが分かります。

 

それだけの売上を上げているということは、それだけ世の中の人がその企業が提供するサービスを信用して利用していると言えます。

 

もちろん、上記の売上高はエロゲーに関して売り上げた金額ではありませんが、1つの目安にはなると思います。

 

このページの冒頭に書きましたように、ネット上には悪質な騙しや詐欺広告がたくさんありますので、どこの会社が運営しているか分からないようなサービスは、エロゲーに限らず手を出すべきではありません。

 

ネットでいろいろなサイトを見ていて、偶然辿り着いたサイト上で見かけたエロゲーのバナー等は、クリックすることすら危険ですので絶対にやめておくべきです。

 

「エロゲーで遊びたいけど危険なのは絶対に嫌!」という人は、DMM、TSUTAYA、にじよめの各オフィシャルサイトに直接アクセスして利用した方が良いと思います。

 

参考までに以下に各社のオンラインゲームサイトのリンクを書き添えておきます。

もし架空請求とかワンクリック詐欺に遭遇したら…

架空請求とかワンクリック詐欺に遭遇してしまっても、そんなものは放置するのが一番です。

 

そういった詐欺は生真面目な人を狙っているので、まじめに取り合う人ほどお金を騙し取られます。ですから絶対連絡なんかしないことです。

 

裁判を起こすとか、携帯会社に顧客情報を開示させるとか言ってくる詐欺業者もいて、例えば、『定められた期間内に支払いが実行されずに悪質と判断した場合は、やむを得ず悪質ユーザーとして当番組管理部より端末契約者を調査して被害届を提出し、直接請求する場合がございます』みたいなことを書いていたりします。

 

そんなお堅い文言が書いてあると、何かもっともらしい感じがしますが、でも、それは人を不安に陥れて払わせる手口に過ぎず、そんなことは実際には詐欺業者はできません。

 

詐欺業者は表舞台に出られないような人間ですから、むしろそんな行動を取ったら自分達が捕まるリスクが高まります。ですから相手にせずにほっときゃけばいいのです。そのうち諦めます。

無料で遊べる初心者向け人気エロゲー2トップ

日本国内で無料でも遊べるエロゲーの代表格はDMMのエロゲーです。ジャンルも豊富でリリース本数も一番多いです。ただ、それだけに本当に良作を見つけるのはなかなか大変です。

 

しかし、TSUTAYAやにじよめ(ゲオがサービス提供)よりも歴史がありますし、安心感という意味でも、安定感という意味でもおすすめですので、DMMのエロゲーの中から良ゲーを選んで遊ぶのがおすすめです。

 

ここでは、DMMの中でも最高レベルと自信を持っておすすめするエロゲーを紹介します。

神姫PROJECT R

神姫PROJECT R

 

正式公開後たった1週間で35万人が登録し、2016年8月現在120万人がプレイ中という実績が物語るように正式リリースされる前からかなり期待値の高かったDMMのエロゲーです。過去にリリースされたDMMのエロゲーとは一線を画す美麗なグラフィックス、アニメーション、可愛いながらも迫力があって、しかも、これが本当にエロゲー?と思える程のゲーム性のクオリティの高さです。エロシーンはフルボイス&アニメーションで、ぬるぬるのアニメーションや乳揺れアクション等のエッチシーンを堪能できます。チュートリアルでそのエロさのクオリティの高さを実感できると思います。

神姫PROJECT R

戦乱プリンセスG

戦乱プリンセスG

 

主人公(ゲームのプレイヤー)は、言い伝えにある龍人が転生した存在として、戦国時代の乱世で天下統一を図ることになる。龍人となった主人公には女性の戦国武将(将姫)を覚醒させる力・龍の気が宿っていて、龍の気で将姫たちに忠誠を誓わせ、将姫と交わり覚醒させ、最強の軍勢を率いて天下統一を目指すというエロゲーです。従来のDMMのエロゲーでは、ほとんどの場合、同じ女の子カードを3~4枚集めて最終進化させた結果、やっとエロシーンが見れるというスペックでしたが、戦乱プリンセスGはカードをゲットした時点でエッチを見れるようになっているのが特徴です。

戦乱プリンセスG